人間ドックの効果的な受け方

定期的に受けることこそ重要と思います。

よくある話ですが、人間ドックを受けようと考える人が予算の許す限り高額なコースを選択しようとすることがあります。

それ自体は悪いことではないのですが、その人間ドックが一回限りになってしまうのであればあまりメリットのある話として進めることはできません。ビジネスとして割り切れば、一回限りの高額なコースをお勧めするのも一つの方法ですが、個人的には継続可能な受け方を推奨しています。

その大きな理由としては以下の通り

①余計な検査で余計な不安を煽ることになるかもしれない

②時系列のあるデータが無いと、情報が不十分で判断がしにくい

他にも色々あると思いますが、個人的にはこの二つを提示したいです。

①に関しては、高額な人間ドックほど検査項目が多いですが、必ずしも重要性の高い検査が追加されるわけではありません。脳ドックのように特別なものもありますが、その多くは新しい亜検査であり、切れ味に疑問の残る検査があります。最高額のコースなどは出来る検査を全部突っ込んでおけという感じに思われるようなものもあり、個人的にはお勧めしません。

②に関しては同じような検査を1年後と定期的に受けることによって個人的な傾向を見ることが出来ます。一応血液検査などにも基準値というものがあるのですが、体質によって全員が同じというわけではありません。高値や低値でも心配がない場合もあるでしょう。

その辺りの判断のためには点の情報よりも線の情報の方が有益であることは言うまでもありません。一回の数値だけを見てすぐに投薬治療が必要と判断が出来る場合もありますが、そうでない場合には経過を見るしかないこともあります。人間ドックの早期発見早期治療のためには、この線の情報が役に立つはずです。

そんなわけで私がお勧めなのは、¥30000くらいの人間ドックです。一日一杯のコーヒー(ただしコンビニ)程度の費用で済むわけですから考えてほしいところです。

ここカラダさんのような予約サイトでもこの水準のコースが多数掲載されていますが、実はあまり人気がないと私は見ています。人間ドック予約サイトではどうしても高額なコースに目が行ってしまいます。その結果、一回限りのお付き合いが多くなってしまっているのかなと思いました。私の勤め先の傾向かもしれませんが・・・。

大切なことなのでもう一度書きますが、継続可能な人間ドックを受けましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする