健診業界から臨床の現場に行くことはできるか?

行っている人は少なくありませんが・・

世の中の仕事には本来優劣はありませんが、転職の可能性という面において有利か不利かというものはあります。健診業界は医療業界の片隅に位置している分野ではありますが、かなり特徴のある業務になりますのでそこでの経験が評価されるケースばかりではないようです。

実際、健診施設では他の医療領域、特に臨床の現場からの転職者が少なくありませんが、健診施設から他に転職していくケースについては知っておいてもよいのかもしれません。特に新卒で健診機関を選択する方の場合にはこの辺りがとても重要になると思います。

看護師の場合

新卒で健診機関に来る場合、臨床の現場で必要な技術が身につかない恐れがあります。転職してきた看護師の中には健診施設での常識と臨床の現場の常識にギャップを感じる方が多いというのは経験上の問題として存在しています。

しかし看護師の場合は望んで転職できないケースはほとんどないと言えます。私の職場に就職してきた新卒の看護師はこれまでにも数名いますが、そのほとんどが数年のうちに臨床の現場に転職していきました。

問題なく臨床の現場に転職していったというよりは、人手不足のため再教育の手間を考えても欲しいと思われたというのが現実のようです。最近では技術面に自信のない方でも再教育の機会を持ちやすくなっていると言われていますので、希望をすれば働きやすい仕事といえるのではないでしょうか。

臨床検査技師の場合

健診機関では陰の主役でもある臨床検査技師ですが、健診機関から他に転職していくケースは実際にあります。しかしながら仕事の中身については人によるところがあるようです。

元々臨床検査技師は人余りの時代があり、医療以外の仕事に就いている方が多いのも特徴です。転職してくる方の中には男性もいますが、男性の場合にはキャリアの終着点として健診の世界を選択する方も少なくありません。

しかし健診業界は年々女性優位になっていますので、営業職員としての雇用や現場責任者としての役割が求められるケースが増えています。医療の担い手として成長することが出来る可能性は健診業界では女性に求められている分野であると言えるかもしれません。

診療放射線技師の場合

臨床の現場での実績がある方は、病院等への転職を成功させている場合があります。しかしそうでない場合にはなかなか難しい状況とも聞いています。転職にあたって実務経験が求められるので、転職先が限られてしまうとのことです。

女性の場合にはフリーランスで働く方も増えてきましたが、マンモグラフィの担い手としての需要が多いようです。

いずれの場合においても、何ができるのかという点を如何に強化しておくかが重要になると言えます。看護師を除けば再教育の機会が限られているところがありますので自分のキャリアをしっかりと描いておくことが重要になりそうです。

大したことが出来ないのであれば、臨床の現場では必要とされないところがあるようです。どんな職種でも同じかもしれませんが、健診の世界では身に着けることが出来る仕事の範囲がかなり偏っていますので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする