家族に勧めるならどんな人間ドックを選ぶか

賢い選び方は、詳しい人に聞くのがお勧めです。

手術をする際には医師に対して「自分や家族がその手術を受けるならどこでしたいですか?」という質問をするのは有効であると言われています。だとしたら人間ドックなども詳しい人が自分で選ぶ方法や、家族にお勧めする方法を聞けばそれが最善と言えるのではないでしょうか。

そんなわけで考えてみました。私が考える最強の人間ドックの受診方法を・・。とりあえず大切にしたいのは以下のポイントですね。

  • 自宅から比較的近場であること
  • 毎年継続できる程度の金額であること
  • 補助金が使えるなら使うこと
  • 出来ればインターネットの比較サイト経由で
何故近いほうがいいの?

遠いというのはそれだけでマイナス要因です。気軽にお世話になれる場所でなければ意味がないこともあるでしょう。引っ越しの可能性がある人の場合には便利な場所を意識しておくのも大切です。

その背景にあるのは継続して利用してほしいから・・です。これが私が大切にしてほしいポイントです。

毎年継続できる金額ってどれくらい?

私がお勧めするのは3万円程度のコースです。一日100円もしないので何とかしてください。これくらいの検査をやっておけば気が付ける病気も多くなります。

節目の年齢などで少し充実したものを選ぶのは良いのですが、たまにしか人間ドックを受けないのと、毎年継続的に受けるのとでは、継続的な実施の方がはるかにメリットがあると私は思います。そのため無理なく利用できる範囲にすることが大切です。

補助金を使わないのはもったいない?

もったいないです。健保補助や胃の補助金など様々な制度がありますので、使わない手はないのです。最近では健診で病気を早期発見するメリットは広く期待されていますので、地域差はありますがかなりの補助金があると思っても良いのです。

特に40歳以上だといろいろなメリットがあると期待できますので、鹿k理と調べておきましょう。自費で人間ドックを受けるなら使わない手はありません。浮いたお金で少し贅沢もできます。

インターネットの予約比較サイトがお勧め

私が自分で人間ドックの予約をするなら人間ドックの予約サイトを活用します。その最大の理由は一番お得だからです。

まず料金体系が最も安く設定されていることが多いですし、複数の健診機関を比較検討して選ぶことが出来るのが大きな魅力です。さらにはポイントがもらえる仕組みも盛況で、使うことが出来るなら絶対に使った方が良いのがこの仕組みなのです。

<結論>

私が家族に人間ドックのおすすめを教えろと言われたのであれば「ここカラダのような人間ドック予約サイトで好きなとこ選ぶといいよ。但し毎年行けるくらいのにしておいてね」という説明をするでしょう。

もう一つ言っておくと、健康保険の補助があるかもしれないからちゃんと健診機関側に確認してみてねと案内をします。こんなところでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする