外国人の健康保険証の確認の仕方

一体どうやっているの?

と、思ってしまいます。最近では珍しくもなくなった外国人の正職員は当然のように健康保険証を発行されており、それを使って医療サービスを利用します。そのため提示された健康保険証を確認して受け付ける必要があるのですが、実際にはどうしているのでしょうか。

私はそういった受付業務をしたことはないのですが、健康診断や人間ドックでは基本的に完全予約制で行っていますので飛び込みのケースで困ることはあまりありません。保険証を必ずしも必要としない自費の健診や人間ドックも多いので恵まれている方ではあるのです。

それでも必要な場合には健康保険証の情報を複写したりして記録に残していますが、中々本人確認には使えないのが現実ですね。一般的な保険証には顔写真がないので、それが本当に本人のものかなんてわからないのです。ただ、どこの誰のものかが明確になっていますので、記録として追跡できるのがメリットであると言えるでしょう。

それでも外国人の場合にはどうしているのだろうと思ってしまいます。実は保険証の情報は低い確率ではありますが間違っています。会社が保険証の発行を申請する際に書類を間違ってしまえば、間違った個人情報で登録された保険証の出来上がりです。こういった事例は現実に存在しています。

外国人の場合はさらに難しい問題があるでしょう。生年月日を証明する書類がない場合もありますし、最近では失踪してしまうケースもあり、発行した保険証が回収されないまま行方不明になることもあるようです。そういった保険証を完全に別人が使ったとしても疑ってかからなければわからないのです。

こんな保険証にマイナンバーが付くという法構成で検討が進められているようですが、本来は厳格に管理されて人目に触れることはないはずのマイナンバーがこのような扱いになるというのは医療機関側としては面倒なんではないでしょうか。今のところハイリスクローリターンにしか見えませんが、どうなんでしょうね。

結局のところ医療機関の窓口で外国人に限らず保険証が有効なものかどうかの判断などできてはいません。健診や人間ドックの世界の場合には完全予約制によりり本人の住所、あるいは職場という情報がありますので、まだ何とかなることもありますが、そういった個人情報を確認可能な形で取得しない場合には厄介な問題でしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする