求人情報は何故インチキなのか

インチキは言いすぎか・・

そんな風に思った時期がありましたが、やはりインチキだなと思えることが世の中にはたくさんあります。私は趣味の一環で数多くの求人情報を見るのですが、いつも驚いているのが思いのほか待遇の良い仕事が多いことです。

その様な仕事の中には医療職以外のものが多く含まれるのですが、私が気になる好待遇の仕事の中には飲食業(店長レベル)やタクシー運転手などがありました。これらは給料面が高く設定されているか、様々な補償があって安心して働ける環境が整備されているなどの特徴があったのです。

しかしながらこれらについては本当なのか?と感じてしまいます。変な意味でも何でもなく、どちらも年がら年中募集を出している傾向を感じるからです。それだけの好待遇なのに何故こんなに人手不足なんだろうと思うのです。

特に飲食業、ラーメン屋などには多いですが、年収1000万や月収50万なども当たり前のように掲載されています。こんな仕事はそうそうあるものではありませんから、不思議に感じます。まぁ、実際にはそう甘くはないのだろうと思うのです。

先日分け合ってタクシーに乗ったときに業界の話をする機会がありましたが、やはりタクシー業界は運の絡む歩合制らしくてなかなか大変とのことでした。それでもインターネット上の求人情報では月収30万可能とか、最低保証などという魅力的な情報が載っています。しかしそれらは・・・ということも多いようです。

実は私の職場の求人も、月給170000~320000みたいな書き方で募集をしています。よほどの人材の応募がない限り実際に上限額を支払う気はないのですが、それでもこんな表現をするのです。私はインチキだと思うのですが、こうでもしないと目にとめてもらえないのが実情のようです。応募する側は少し気の毒ですが、ある程度の水準に合致していないと応募すらしてもらえないのが現状になっているそうです。

結果的にインチキになっているわけですが、そうしないと応募そのものがないという困った状況になるようですね。なんだか根本から良くない気がするのですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする