検査値の自動取得について

これからの時代は自動取得かもしれません。

私が行ったことのある健診機関ではまだお目にかかったことはありませんが、血圧測定がセルフサービスの健診機関があるようです。確かに一般の医療機関でも血圧を自動血圧計で測定し、その結果を診察の際に持ってきてくださいねと言う病院はありますので良いのかもしれませんが、その結果が適切に測定されたものであるのかどうかをどう判断するのだろうと私は思います。

ちなみに私の勤め先では血圧測定は自動測定を行い、測定した結果は自動的にサーバーに転送される仕組みを採用しています。そのため間違いはないというのですが、測定値が正常値でない場合については看護師が再測定を実施したり、場合によっては手動血圧計を用いて測定をする場合もあります。この姿が丁寧な検査だと感じていますが、これって意味の無いことなのでしょうか。

この点については色々と意見がありましたが、残念ながら今の仕組みでは検査をするたびに数値が変わるというのは珍しいことではありません。健康診断も人間ドックも、その結果と言うものは人のほんの一瞬を切り取ったものであるということをよく理解しておくことが大切なのだと感じさせられます。

とは言え健康診断も人間ドックもサービス業に分類される医療行為であり、競争原理が強く働いています。効率化と正確性については強く要求されており、今後ますます数値系の自動取り込みによる効率化は推進されていくことでしょう。体重は比較的安定した数値系データですが、身長は測定のたびにちょっと変わるのは測定車なら知っていることです。腹囲に至っては本人の意思で数%は変動させられる数値系データなんですよね。結構曖昧なデータなんだなと思わされます。

そう言えば自動腹囲測定系なんて言うものもあるようですが、私の勤め先ではメジャーを使って測定をしています。全て女性スタッフが対応する形でお腹周りを測定しています。まぁ、これで十分なのだと思いますが・・・。

この様な傾向は今後はバスによる出張健診でも普及を始めるかもしれません。まだまだ発展途上の技術ではありますが、どんどん便利になってきていますよ。私がこの業界に入った頃はX線写真もフィルムが必須で現像機で作っていましたが、現在ではデジタルデータが当たり前になりました。10年も経てば常識なんて大きく変わってしまうものなんだということを知りました。今後もきっと大きく変わっていくのでしょうね。健康診断なんて不要とならないように頑張らないといけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする