健診業界と定年の話

その気があればいくつでも働けます。

最近ではどこの会社でも長く働きたい人には門戸を広げている傾向がありますが、健診の世界でもそれは変わりません。正規雇用の職員として働いている場合には60歳を区切りに雇用形態が変わることが多く、一般的には給料も下がります。しかしながらその段階で責任の多くから解放されますので楽になるケースが多いです。

ここで待遇に違いが生じるのがどのような資格を持っているかでしょう。最も安定した待遇になるのはやはり医師です。60歳程度では何も変わりません。定年なんてないのでしょう。変な意味ではありませんが、医師はそこにいるだけでも大きな役割を果たしますのでいくつになっても必要とされる人材です。80代で活躍した話も少なくありません。

次に多く活躍しているのが看護師でしょう。70代80代でも活躍している人がいます。誰でもできることではありませんが、実際に活躍している方の場合にはかなり若々しいです。人手不足の中、働いていきたいという方が少なくないのは喜ばしいことです。最近では看護教育の現場で教えていることと実践していることの差と言うものが大きくなってきており、そのギャップを埋めることに苦労をするケースもあるようです。

しかしながら免許を持っていないとできない仕事ばかりの医療の世界の話ですので、有資格者の需要は非常に高いというのが現実です。私の勤め先ではバスに乗って先方に出向く出張健診では年配の方が多く配属されています。平均年齢が60歳を超えるチームなんて言うものもあることがありましたね。それが良いのかどうかはわかりませんが、そんな方々が活躍している世界でもあります。

後は働き方だったりについてはかなり自由が認められているところがあります。60歳を超えると収入に制約がある人も少なくありません。年金とか、私にはまだ仕組みが良くわかりませんが、稼ぎすぎると少なくなってしまうらしいです。そのため無理しない程度に働き続けることが出来るというのが仕事を継続する一つの基準になっているようですね。

これからの時代健康診断の需要もどんどん増していくと思われますので、ますます需要が高まると予想しています。その様な中で多くの人が働きやすい環境を上手に作っているのが健康診断の現場だったりします。作業量は多いですが、極端に難しい技術を要求するものではありませんので、持てる能力を活かしたいと考えている人には適した職場だと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする