健診の時の保健指導って受けたことありますか?

人によって本当に対応がまちまちですよ。

私が受けるのは管理栄養士による栄養指導が多いですね。保健師さんによる保健指導もありますが、私の環境では管理栄養士の方が人数が多いのか指導を受けることが出来る機会が多くあります。どちらが優れているのかについては正直なところあまりよくわかりませんが、資格による能力差よりも個人による差の方がもっとずっと大きなものであると感じています。

健康診断の世界では特定保健指導と言う制度が出来てからは、その仕組みの枠の中で行われることが多くなりました。かつては希望する人が気軽に受けられる仕組みだったのですが、最近では医療機関の考え方によって違いが出る部分になっています。

最近よく見かけるのは、ある程度以上の有所見者に対して希望性で行う仕組みでしょうか。私が他所の医療機関で人間ドックをするときなどには、その様な仕組みを活用することが多いです。

医療機関側にとってこの様な指導に関しては、あまり利益を生む分野としては考えていません。丁寧に指導を受けることが出来たとしたら、それは非常に良いサービスを提供しようとしている医療機関であると考えるのが良いでしょう。

保健指導と栄養指導の違いについて

制度として存在している特定保健指導と呼ばれる指導に従事しているのは保健師や管理栄養士など様々な専門家です。それぞれに異なる専門性を持っていますので内容にも違いがあるような気がするのですが、ある枠組みの中で行っているとされています。

私もこれらの指導は体験していますが、(メタボじゃないですよ)結構個性を感じます。指導者の専門性や経験が出てくる部分が大きいように感じます。

管理栄養士さんの場合、血液データをもとに食生活をベースにした生活指導が行われることになります。切り口は本当に様々で、その時々の流行りにも敏感で勉強されている方が多いです。良くも悪くも食生活を中心に指導を受けることが出来るのが管理栄養士の指導だと思います。

一方保健師さんの場合、血液データなどを基にした生活指導が行われることになります。管理栄養士さんよりも深く切り込むケースがあるのはやはり治療中の病気があったり、生活習慣の改善に努力している途中の場合に具体的なアドバイスをしてくれることがありました。食生活に関しては管理栄養士さんの方が詳しいと感じましたが、保健師さんの場合には薬物療法中の病気に対して様々な情報提供をしてくれたケースがあり、勉強になりました。

それぞれに個性がありますが、やはり資格による専門性よりも経験による個人差の方が大きな違いを生んでいるように思います。機会があれば受けてみると良いですよ。やあり希望者のみのところがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする